商品開発
 
2006年入社
開発した商品が売れた瞬間を見た時、
今までの苦労が達成感に変わる
商品開発

現在、主にどのような仕事を行っていますか?

髙山でしか提案できない、オリジナルの商品開発をしています。主に開発しているお菓子として、ポップコーンやチョコレートといった洋風のお菓子やお煎餅、かりんとうのような和風のお菓子の開発をしています。髙山からでしか手に入らないお菓子を開発することにより、髙山と取り組みをするメリットがあり、他社との差別化に繋がります。

商品を開発する上で心がけている事は、お客様(お取組先様やその先の消費者の方)が買いたいと思う商品を作ることです。お客様の立場になって、本当に買いたいと思うかをよく考えて商品企画をしています。

商品開発

髙山への入社を決めた理由を教えてください。

私は大学で分析検査や衛生関係(菌検査等)の勉強をしてきました。その知識や経験を活かした仕事がしたいと思い、品質管理担当者として志望し、入社しました。

食品関係や医薬品関係も視野には入れていましたが、自分の好きなお菓子の卸売業にて品質管理を行いたいと考えていました。製造業に品質管理として入社した場合、その会社で製造する商品しか分析や品質管理ができないと考えたため、多くのお菓子を扱う卸売業の品質管理を志望するようになりました。

現在は商品開発業務をしていますが、品質管理で経験したことが大変役に立っています。消費者様の安心・安全を裏切らない様な商品を開発しなければならないと意識を高く持っています。

商品開発

仕事のやりがいはどんなところにありますか?

商品開発を行う上で、特にやりがいを感じることは次の2つです。1つ目は自分のアイデアが商品化し、お店に並んでいる姿を見たときです。生み出したものが形となり、世の中に出ていく事にやりがいを感じます。2つ目は、その商品を消費者の方がカゴに入れている瞬間を見たときです。やはり商品開発をしていると、売れる商品だけではなく、当然売れない商品もあります。

必死になって作り出した商品がなかなか売れず、販売終了となってしまい、非常に悔しい気持ちになることもあります。そうした事を経験すると、消費者の方が実際にその商品を選んで手にとり、売れている瞬間を見ると、今までの苦労が達成感に変わり、とても感動します。このような感動を多く感じることができる商品を開発し続けていきたいです。

商品開発

髙山入社を目指す学生の皆さんへメッセージをお願いします。

髙山の良いところは大好きなお菓子に囲まれていること、知らなかったお菓子との出会いや美味しいお菓子との出会いが多くあることです。また会社の人や雰囲気があたたかいことが何より良いことだと思います。

業務を行っていく上で、厳しいこともあるかと思いますが、それを乗り越える為のアドバイスをもらえる環境があります。お菓子を通じて成長できる髙山に、是非チャレンジしてみてください!